スタッフブログ

端午の節句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月5日は端午の節句

江戸時代に男の子の祭りに・・・・・・・

現在のように端午の節句が男の子のお祭りになったのは江戸時代です。

菖蒲は勝負や尚武(武事を尊ぶ)に通じる事から勇ましさの象徴となり、

鯉のぼりを揚げて武者人形を飾るなど、男の子の祭りとして

定着していきました。

鯉が瀧を登って龍になるという中国の故事「登竜門」にあやかり、

日本でも鯉は立身出世の象徴となりました。

そこで男の子の祭りである端午の節句には鯉のぼりを揚げ、

健やかな成長を願いました。

 我が家も息子が小さい頃は毎年甲冑飾りを飾ってお祝いしたものです・・・・・

懐かしいな~

今は、そんな気持ちを忘れない様・・・・・・

手作りの鯉のぼりでお祝いしています!

                        by Jun

ページトップへ戻る